小田原のあん摩・はり・きゅう・マッサージ指圧・整体・トレーニング指導 いろは治療院
ご予約・お問合せはお電話で
0465-87-9183
診療時間/9:00~21:00
火曜日(JMA鍼灸施術院勤務)・木曜日(休診日)

ビタミンDの重要性

今回はビタミンDの重要性についてお伝えします。

まず、トップの写真は亜鉛に多く含まれる食材の一例です。

なんで亜鉛?

ビタミンDと亜鉛はつながりがあります。

ビタミンDの役割は何と言っても免疫系との関係です。

新型コロナウイルス感染症により生活様式が変わってしまった一方で

健康に気をつける方が増えて来たと思います。

ビタミンCも免疫系に大きく関係ある物ですが

アメリカのある調査ではPCR検査の陽性者の多くはビタミンDの欠乏が見られたそうです。

単純に考えるとビタミンDの摂取が必要ってことなんですね。

ビタミンDを作るには食事だけでは難しく太陽の恵みが必要です。

紫外線を浴びる事で作られ、一日皮膚のどこかに最低15分浴びる事で良いそうです。

外出自粛と言われていますが、家に閉じこもりすぎるとかえって身体を悪くしている可能性もあります。

そしてマスクによる酸欠・・・

まさに「身体を悪くしろ」と言わんばかりに追い打ちをかけていますよね・・・

散歩程度であれば感染の恐れはそこまでないそうです。

前の方との距離をとりながら散歩して頂ければ良いのではないでしょうか。

もう一度、生活様式を見直してみませんか?

そうそう亜鉛との関係忘れてました!!

ビタミンDが亜鉛の吸収を促してくれます。

亜鉛は皮膚の回復にとても重要です。

美容にはとても重要です。

またご高齢の方の褥瘡にも亜鉛がないと治りが良くありません。

褥瘡がある方は時々、太陽の恵みを浴びるようにしてくださいね(^_-)

いろは治療院
電話予約 0465-87-9183
ネット予約 24時間ネット予約
診療時間 9:00~21:00 平日

9:00~13:00 日曜

休診日 火曜日・水曜日・木曜日

JMA鍼灸施術院に非常勤

駐車場 No17・21
治療内容 鍼・灸・マッサージ・整体

トレーニング指導・栄養指導

対応症状 頭痛・耳鳴り・めまい

腕の痺れ・自律神経の乱れ

食欲・気力の低下

ムチウチにより後遺症

腰痛・ギックリ腰・股関節痛・膝痛

スポーツ障害など

・頸椎症・ストレートネック

・顔面神経麻痺

・突発性難聴

・パーキンソン病

・過敏性腸症候群

・線維筋痛症・リウマチ

・ヘルニア

年齢別 1位 50代 2位 40代 3位60代

10代~90代 男性4割 女性6割