小田原のあん摩・はり・きゅう・マッサージ指圧・整体・トレーニング指導 いろは治療院
ご予約・お問合せはお電話で
0465-87-9183
診療時間/9:00~21:00
火曜日(JMA鍼灸施術院勤務)・木曜日(休診日)

頭痛・肩凝り・腰痛・色々な症状の根本は首の筋肉の緊張にあり!!

私のブログ何度も出てくる後頭下筋群!

先日のNHKの「ためしてガッテン」の鍼灸師の粕谷大智先生がお話されていました。

私の施術で必ずと言ってもいいほど、ポイントとして鍼をする場所の

後頭下筋群

ためしてガッテン

私が知ったのは起き上がり動作からです。

石井慎一郎先生の歩行メカニズムを受講した時に

歩行を知るには起居動作(寝返り・起き上がり)を知る事から始まりました。

仰向けの状態から起き上がる際に

腕を伸ばす事・体幹のひねりがとても重要になってくるのですが

その前にとても重要な事があるんです。

首の起き上がりです。

起き上がり

この動作が行われないと上手に起き上がれないんです。

この動きをコントロールしてくれるのが後頭下筋群なんです。

後頭下筋群は頭や背中・腰の筋肉のコントロールを主に行っていますが

この筋肉は目の動きと密接な関係があります。

目の上下運動する時には大後頭直筋!

目の左右運動する時には下頭斜筋! 

それぞれが働きます。

よって目の動かし過ぎ・使い過ぎによって後頭下筋群が緊張して

首こり・肩凝り・腰痛・自律神経系の乱れなどを起こしている

可能性が高いんです。

この筋肉に鍼をすると

鍼独特のヒビキが感じられます。

心地良い刺激で「あ~効いてる」って感じです。

頭も目もスッキリします。

ぜひ、体験してみて下さい!