小田原のあん摩・はり・きゅう・マッサージ指圧・整体・トレーニング指導 いろは治療院
ご予約・お問合せはお電話で
0465-87-9183
診療時間/9:00~21:00
火曜日(JMA鍼灸施術院勤務)・木曜日(休診日)

シェーグレイ症候群への鍼灸治療取り組み!

シェーグレイ症候群

当院でも数名、経過治療させて頂いてる患者様(女性)がいらっしゃいます。

まず、シェーグレイ症候群とは『自己免疫疾患』と考えられており

自己免疫疾患とは

・関節リウマチ

・全身性エリテマトーデス

・バセドウ病

・橋本病

・クローン病

・ギランバレー症候群 など

たくさんの疾患があります。

今回は『シェーグレイ症候群』についてです。

どんな症状がでるのか

1目の症状

・ドライアイ

2口腔症状

・唾液分泌低下によるもの

3皮膚乾燥

4血管炎

5腎機能障害

6関節痛

個人差に寄りますが色々な不定愁訴が現れます。

さて、鍼灸マッサージ治療はどのように関わっていくのでしょうか?

私の考えですが1から6までの症状は鍼灸治療で改善が期待できるものと思います。

例えばドライアイに対しては後頸部に『目』に関するツボがあるのでそこを用いて

唾液は耳垂裏や顎関節周囲のツボを使い

その他も状態を診ながら対応していく事。

鍼の効果として

1血流改善

2痛みの抑制 が考えられます。

一回の治療で全てが改善するわけではないので、計画的に治療していく事がベストです。

治療内や治療計画は患者様と一緒に目標設定をして行って参ります。