小田原のあん摩・はり・きゅう・マッサージ指圧・整体・トレーニング指導 いろは治療院
ご予約・お問合せはお電話で
0465-87-9183
診療時間/9:00~21:00
火曜日(JMA鍼灸施術院勤務)・木曜日(休診日)

顔の筋肉を知って若返る!

今回は顔の筋肉についてお話します。

顔にはいくつもの筋肉がります。

皆さんが気になるのはしわ・たるみではないでしょうか?

最近、美容鍼が流行っていますね!

まず、受けられる前に予備知識を持っていきましょう!

顔の筋肉(表情筋)は手足・体幹の筋肉とは性質が異なります。

大胸筋・腹筋のような筋肉は骨格筋といわれ、筋肉の始まり・終わりは骨に付着しています。

なので、こういった筋肉が硬くなると骨も歪み、または動きの制限が出てくるので

「痛み」「柔軟性の低下」となって現れます。

しかし、表情筋は別!!

骨にも付着していますが皮膚(皮筋)にも付着しています!!

※(皮筋(ひきん)とは、筋肉を所在で分類したときに、骨や筋肉から起こり

もう一方の筋肉の端が皮膚と繋がっているものの総称である。)

表情筋は皮膚と繋がっている事なんですね。

・表情筋が硬くなると皮膚も硬くなる。

・皮膚が硬くなるとたるむ。

・たるみを改善するには、皮膚を柔らかくするとともに表情筋も柔らかくする。

皮膚だけ、表情筋だけアプローチしても変化が少ないという事です。

これは顔面神経麻痺(ベル麻痺)でも同じことです。

次回は顔面神経麻痺(ベル麻痺)と表情筋へのアプローチのお話をします。